Books

Books

【読書感想文】『かがみの孤城』あらすじ 徹底解説

中学入学早々の4月、主人公の「こころ」は一人の女の子に居場所を奪われてしまう。家に引きこもり、辛い気持ちを言い出せない苦しさと怖さに押しつぶされそうになるこころ。そんなこころの前に現れたのはいつもと様子の違う『光り輝く姿見』。光り輝く姿見に仰天しながらも吸い込まれるように近づき、鏡に触れた心は中に吸い込まれてしまいます。鏡の中に入ったこころの前に現れたのは、異空間と容易に感じることのできる様な可愛らしい大きな城の様な建物。驚いて立ち尽くしているこころの前に、おおかみの面を被った一人の女の子が現れます。